fit001021.jpg
Copyright@ 1997 truxjapan  当サイト内の画像、文章、技術情報の著作権はトラックスジャパンに属します。
fit001020.jpg fit001019.jpg
エアホースと各エアサスパーツを繋いだり、エアホースを分岐、延長するジョイントパーツです。
フィッティング 解説
形状やホース固定方法に種類がありますので、使用箇所によって使い分けが必要です。
プッシュイン90°エルボのホース−ネジタイプは上部のプラスチック部分が360°回転するので
プッシュイン式フィッティング
fit001018.gif
プッシュイン式フィッティングの使用に適している場所
■フィッティング周囲が狭くホース固定を簡単にする必要がある場所  ■90°エルボの上部回転が必要な取り回しの場所
GTX163006
S-LOCK式フィッティング
プッシュインのホース固定は文字通りホースを押し込んでロックがかかれば完了です。
フィッティング内部のOリングがホース切断面と密着し、エアを密封する構造です。
■ホース接続後にパーツ同士の微妙な位置調整が必要な場合  ■高圧・高温にならず汚れや水分流入の少ない場所
プッシュインタイプの注意事項
プッシュインフィッティングはネジ以外の部分は樹脂素材で形成されています。
高温になる場所や、高圧仕様(150psi以上)には使用できません。
内部Oリングがホース切断面に密着する固定方法の為、Oリングの劣化やホースの状態によってはエア漏れを
起こす場合があります。内部にゴミが付着した場合や寒冷期にOリングやホースが固くなった場合も微量な
エア漏れの原因となることがあります。ホースの切断は必ずホースカッターで垂直にカットしてください。
セット後にホースの向きを任意に調整出来ます。
S-LOCK(エスロック)式フィッティング
ホース接続部からのエア漏れがほぼ皆無のフィッティング。
ホース接続部に使い捨てスリーブ(消耗品)を使わないので、
ホース脱着の度に消耗品を購入せずに済みます。
構成部品は本体とロックナットの2ピース構造。
S-LOCK取付手順-1
ロックナットを取り外した本体をパーツに固定します。
S-LOCK取付手順-2
本体ネジ部にはシールテープを巻きます。
ロックナット側ネジ部はシールテープ不要です。
ロックナットをホースに通します。
ホース先端を接続部の奥までしっかり押し込みます。
S-LOCK取付手順-3
工具を使い、ロックナットを本体に締めこんでいきます。
S-LOCK取付手順-4
ナットを奥まで締めつけたらセット完了です。
樹脂部分が無く、金属のみで構成されていますので高温箇所や
高圧仕様に適しています。メッキ仕上げで外観もきれいです。
フィッティングの注文ページ
fit001007.gif fit001006.gif fit001005.gif fit001004.jpg fit001003.gif fit001002.gif fit001001.gif